いい文章を書こうとしない。中身が充実していればそれでいい。

ブログを書く手が止まってしまう原因の一つに「いい文章を書こうとしている」というのがあります。あ、これ私ね。

他のブログを読んで、すごいなー、分かりやすいなー、いい表現だなー、などなど。

そして「自分もそんな文章が書きたい!」とか「あんなブログ作りたい!」と思って、起承転結を組み立てたり、表現を工夫したくなってくるんですよねー。

それも悪くはないんだけど…果たして、大切なのは本当にそこでしょうか?

 

見た目の美しさよりも大切なのは「何が書かれているか」ということ

文章の読みやすさはある程度は必要だけど、肝心なのは中身。

どんな内容なのか?知りたい答えは書かれているか?知らなかったことを教えてくれるか?心が動く内容だったか?

文章力よりも大事なのは、読んだ相手に120%の満足度を与えることが出来るかどうかなんですよね。

それが出来れば、たとえ箇条書きでもいいのかのしれません☆

 

いい文章を書こうとしない。

中身が充実していればそれでいい。

 

力を注ぐべきところを間違ってはいけません。

 

技術は二の次。後から自然とついてくる。

ブログをたくさん書いていけば、そのうち文章力は上がってくると思います。

好きなことをテーマにしていれば、もっともっと勉強したくなります。そうすると、書きたいことも増えていきます。

そうすると、文字数も熱量(想い)も増えてきます。

 

導入部分で人を引き付けるとか、言葉の言い回しとか、話の展開とか、語尾とか。技術的なことはたくさん言われていますし、私自身気にしてしまうところだけど、一番大切なのはそこじゃない。

そこじゃないのに、それにとらわれてブログが書けなくなるのはもったいないよね。

 

あなただったら、綺麗な文章が読みたいですか?

知らなかったことを教えてくれるたった一文が読みたいですか?

コメント